мement mori

想いを、愛を、 綴る だけです

4月29日 土曜日 末原拓馬さんの初のワンマンライブに参加しました。ワンマンライブ?歌手でもない彼が。まあでも彼はどこでも何であろうと自分を表現できる方だから楽しみを持って行くだけでよかった。まずはOpningact でGoodnight Mr.Coin$Rocker の再演を。再演とはいえわたしは初めてお目にかかるわけで、自他共に認める程良き作品だったから会いたくてわくわくしていた。案の定良かった。涙でしたね。相も変わらず、愛も変わらず。

 

‪歌手でもない末原拓馬氏の歌声がこんなにも心に染みて感動するものなのだと。"感動"って一体なんだろうと思った。何故涙が出るんだろう、と思った。考えてもよくわからなくて、ただ、ただ愛に溢れていた。それだけはどうしても伝わるものだった。愛を謳って愛を叫んでいたとおもう。‬

彼は常に愛を語っていたと思う。やっぱり愛なんだな。自分のことと擦り合わせると、私には愛なんて無縁で、というかわからず愛なんていらないとさえ思っていたんだけれど、愛の形もそれぞれで、愛の質もそれぞれなんだとわかった。そして私は彼なりの愛の形が一番しっくりきたわけで、彼の愛が好きだと思った。愛を込めて作品を伝えている。愛をください。Mr.Coin$Rockerはお金をくださいと言っていたけれどこれは例外。今回のワンマンライブに限らず末原拓馬さんが行うイベントには即興というものがあったりリアルなものが多く、その度間が出来たり、言葉につまることも勿論ある。けれどそこには必ず愛が付き纏うということ。スタートからエンドまで、愛に溢れていて愛に包まれていて参加者も演者も愛を伝え合っていたと思う。

だから私も愛を貰った分、それ以上に愛を返そうと思う。恩返し。愛返し。私がドン底に突き落とされた時、救ってくれたのは確かに末原拓馬さんの物語で。勝手に1人で救われただけなんだけど、それでもこんな遠くにも、愛は伝わっているんだということを伝えたかった。キミは凄いんだよって。底知れぬパワーを持っているんだよって。

大袈裟に聞こえるかもしれないけれどどれだけ私が感謝をしているか。だから私は声を大にして貴方に伝える。私の人生をかけて愛をお返しすると。愛を返す形は様々だと思う。

貴方のために笑います。だって末原拓馬さんがそう信じて笑っているから。理由なんて単純。単純なその愛があればいい。