мement mori

想いを 綴る だけです

先日東京へ行って帰ってきてからずっと忘れられなくて頭から離れないものがあって、別に忘れなくてはいけないわけではないから困ってはいないんだけれど悩んではいる。

先週、今週、来週とイベントがあって行きたい気持ちに会いたい気持ちに押しつぶされそうになりながら日々生活をしている最近。来週というかほぼ今週の末にまたあの世界に帰るために東京へ行くんだけどたのしみでたのしみで仕方がない。今のところ東京の知り合いに声をかけまくって宿を探している。別にネットカフェなるもので一晩過ごしてもいいと思っているのだけれど。そもそも他人の家にお世話になるということが苦手で。気を使うのは当たり前で、そもそも私は気を使わないことがないと思っている。お泊りに関わらず、人に対して曝け出したり気を許すことが全くと言っていいほどない。

友達、クラスメイト、友人、恋人、親友、先生、先輩、後輩、家族。全ての自分以外の人に対して"遠慮"をしてしまう。これは常々思っていたことなんだけど"遠慮"がどうしてもなくならない。どんなに仲良くなっても気を使ってしまう。遠慮をしてしまう。ずっとそうだった。人から嫌われることが怖くない反面気を使う。

きっとこれは死んでも改善されることはないと思う。かつての恋人にもそうだった。彼が先輩で年上だったのが大きかったのかもしれないけれど、ずっと敬語だったしさん付けで呼んでいたし気を使うことしかなかった。

ただ、人と違って私は自分が苦しいことや辛いことやデメリットであることが負担にならない。ストレスにならない。と思っている。

過去にストレスを一気に膨大に抱え込んだからかストレスというものを抱えるキャパがよくわからない。恐らく平気だと思う。何をどれだけ浴びても。自分より他人を優先できるし他人に合わせることもできるしなんでも引き受けられると思う。別にそれを構わないと思ってる。

人の不幸も全部引き受けても構わないとさえ、きっと言えてしまうと思う。

そこまでは流石にわからないけれど。

でもきっと私なんて人間は捻くれていて曲がっていてネジが外れていて、失敗作だと思う。

それでいいと思っているしそうでありたいとさえ思っていると思う。