мement mori

想いを、愛を、 綴る だけです

お久しぶりになります。
こんにちは、こんばんは、おはようございます。

毎日綴ると言っておきながら
案外忙しい日々を送っていたので
なかなか時間を作ることができず、、。

では最近の話を。
前回、大切な人が増えたと嬉しい悲鳴を
あげていたところですが、更に
追い打ちをかけるように大切な人がまたできてしまいました。

私が初めて彼女とコンタクトを取ったのは
彼女のラジオ。彼女は友達の友達で、
初めて声を聞いたとき、とても心地よかったのを覚えています。
彼女の一人称は”俺”です。私はそういったところに偏見を持つタイプではないので
全く驚きませんでしたが、彼女はとても素敵な人でした。

とてもかっこよくて(勿論外見も)優しくて
自分よりともだちを大切にする人でした。
昼はバイトをしていて浮上するのは夜。
私は彼女のことが好きだと思うようになってから
生活リズムを彼女に合わせるようになったと思います。
彼女が浮上する夜に少しでも長くいるために
自分のやることを昼までには終わらせていたり。。。

先日、少し大きめの地震がおきました。
深夜でした。
私は驚き目が覚めたのですが、
今までで一番怖かったです。
そのときその彼女は勿論起きていたらしく
私に声をかけてくれました。
『大丈夫?』とか『俺がいるから』みたいな
言葉をかけてくれた気がします。
私はたったそれだけで安心して彼女の
言葉を聞いた時本当に嬉しくて涙が出ました。

辛い時も支えてくれたのは彼女でした。

私が会いたいというと本当に会いに来てくれる
みたいでした。
今すぐにでも飛んでいきたい。
嘘か本当かはどちらでもよかった。
ただ彼女のその言葉が嬉しかったのです。

今日はここまで。