мement mori

想いを、愛を、 綴る だけです

中間考査というものが終わりました。
長い長い戦いでした。

もう勉強のことは暫く考えたくないですね。

考査が終わり、開放感を味わって幸せに浸っていたのも束の間嫌なことは続きます。
母親に不快な思いを感じ、友人とぎこちなくなったり、冷たく当たってしまったり、イライラしたり、なにもうまくいかなかったり。

そんなときとある人の日記を読んで
更に気分を沈めてしまったり、死を意識してしまったり。

なんだかわたしは空っぽなんだなと。
気分屋で情緒不安定で我儘で子供なんだなと。
悲しくなりました。



音楽を聴いていたということもありますが、
咄嗟の電話には抵抗を感じずにはいられないのです。出なくてごめんなさい。