読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

мement mori

想いを 綴る だけです

仕事先で出会う人の職種は様々で、色々な話を聞くことができるのでとても楽しい(風を装っている)

こんなことばれたら怒られるだろうしもう働かないだろうけど思ったものは仕方のないことだしどうせこんな日記見られることもないだろうから言うけれど、みんな馬鹿だなあと思いながら聞いている。どうせ酔っているし次会うときに私のことなんて覚えているかもわからない大人だし面白くもない話を聞いては笑顔を振りまくお仕事。

色んな考え方の人間が訪れるから色んな価値観を持つ人の話を聞くのは純粋に面白いから聞いているけどみんな自分の意見の押し付けで興味のない話なんて聞かない。

でも、そんな中でも目を惹く人がいて、私が働き始めてまだ最初の頃出会って私はまだ緊張していたからその人のことを普通に他の人と同じように見ていたけれど、2回目会ったとき、どこか周りの人より違うことに気づいた。

それは高校生の時、命の価値なんて全く信じていなかったあの男の子と出会った時みたいな感覚。というのも周りと違うの当然でどう考えても他の人より若かった。実年齢が若いかどうかはわからないけど見た目が、格好が、既に若かった。そして、会うのは2回目なのに私に対しして「この子は実は純粋じゃないと思う」とズバっと言った。ニコニコしているけど絶対何か考えている。と言ってきた。正直驚いたしドキリとした。しまった。ばれた?わかった?

いつもお店ではニコニコして笑って愛想振りまいてそれは仕事だから仕方のないことだし事実だけど。

私はどんな内容でもズバっと言ってのける人が好きだから正直に感じたことを言われていい意味でドキドキした。

3回目に会った時は会う前にまあちょっとしたゴタゴタがあってメンタルが弱ってた時だったから口がゆるくてペラペラ喋ってしまった。

でもその分その人も自分のことを話してくれて私より幼いときから既に自立していて高校にはいっていなかったり二十歳で起業したり、とにかく独りで戦ってきた人だった。独りでいいと思っている人間だった。強くなくてはならないと、自分は大人だと。私は見るからにカッコつけている人や大人の考え、自分とは違う考えを持っている人に惹かれるから流されるままにその人のことを魅力的だと思った。

4回目にあったときはその人の誕生日だった。私は誕生日だということを知らなくてただ紙に似顔絵を描くことしかできなかったけどその人は本当に喜んでくれたみたいだった。子供がいるわけでもないし結婚するつもりはないからこの先こうやって似顔絵を描いてもらえることなんてないだろうからって心から笑ってくれた。そして一緒に写真を撮った。誕生日おめでとうのクラッカーを鳴らしたから中からでてきたらキンキラキンのテープを肩からさげてそのまま帰った。元々その人のファッションは派手でヒョウ柄の大きなモコモコにスタッズが沢山ついた赤の鞄にサングラス。ただでさえそんなに派手なのにキンキラキンのテープなんか肩からさげたらもっと可笑しくて周りから変な目で見られそうなのに、その人は「俺の頭には恥ずかしいなんて言葉ないから」と言った。

それがかっこつけではなくてその人の普段の言動やファッションからして本音だとわかった。

自分の好きなことを貫き通して周りの目を気にせず好きなファッションを楽しむこんな人、いいな。と思った。

正直私の心の中を見透かされているようで

少し怖いけれど、また会いたい、話したいと思う。

PADALAMA JUGULAMA が届きました。

まずレターパックで送られてきて住所が手書きで書かれていることに何故か感動して暫く経った後にやっと開封することができました。

DVDの他に紙が一枚入っていて、それは名前もちゃんと入って印刷されていました。

ということは届ける一人一人に印刷をしているわけで、手間がかかっているのではないかと細かい面でも感動しました。

 

私はずっと主宰の彼を応援してきたけれど、団員の演技を初めてちゃんと見て、劇団全体を応援したくなりました。

そして、舞台セットも仕掛けも衣装も演出も

それはそれは魅力的でした。

 

過去の作品もこれからぽつぽつと

集めていく予定ですが、早く生で彼らの

紡ぐ物語に参加したい。もう既に何度も観ました。

きっとこれからも何度も見返すと思います。

 

六年前。おはようと皆んなに挨拶をすると顔を合わせて変に笑う。返ってくる言葉はなく私を横切る。小学生の頃からバスケをしていた私は所謂中学生にあがった時の部活では"経験者"として扱われた。周りの皆んなが基礎の練習をしている中私は先輩と混ざって練習をする。当たり前のように同級生の世界で私の居場所はなかった。だけど私はバスケが好きだった。強くなりたいと始めた当初から思っていたから仲間がいなくても平気だった。休日に部活の仲間から遊びに誘われないのも群れないのも会話に入らないのも当たり前だった。流れるまま私たちの代がきて私が主将になった。私の部活は部員のミスは主将が責任を取る。という規則だったから部員が生活態度で注意されたり補導されることがあると私が処罰を受けた。処罰といっても部活中ひたすらランニングさせられたり明らかに取れるわけのないところに投げられるボールをキャッチしにいく。といったバスケをする上では自分の為になる(と言い聞かせていた)内容だった。引退時、"◯◯◯(名前)がキャプテンで本当によかった!" "今まで私たちをまとめてくれてありがとうね!"と泣いて私にかけよってきた。その時今まで自分がされてきたことをよく思い出した。

 

二年前。隣の席の子がただひたすらに悪口を言う女の子だった。私の席が1番後ろの1番左。前には数少ない男の子。右に座る女の子は授業態度があまりよくなく、自己中心的な子で正直あまり周りに好かれていなかったと思う。でも口調が厳しく、みんなはその子を敵に回さないように、機嫌を損ねさせないように気を遣っていた。今日もよく悪口を言っているなあと思っていた。その愚痴を前の男の子に共感を求めるように話しかけていた。後から聞いた話によるとどうやら私の悪口を言っていたみたいで、私は目の前で自分の悪口を言われていることに一切気づかなかった。というか本人の目の前で名前を出さずに悪口を言えるのなら面と向かって言いたいことを言えばいいのに。と思った。結果的にその子とはLINEで直接大喧嘩をしたわけだけど、喧嘩した次の日学校へ行ってみるとクラスの殆どが私と目を合わせなくなった。唯一私と話してくれた数人曰く私の悪口や喧嘩の内容をクラスの皆んなに言っていたらしい。勿論逆らいたくないからその子に従う子が殆どで。

卒業間近だったか、卒業制作をひたすらする時期だったからそれくらいから私は学校へ行ってもクラスへは行かず朝職員室へ顔を出してから"材料試験室"という別の部屋に篭って作業をするようになった。唯一私と話してくれる子が授業が終わり終礼が終わると呼びにきてくれた。皆んなが帰ったことを確認してから私も帰った。唯一私を見放さなかった子たちとは今でも連絡を取っているし相変わらず好き。

そういうことがあったからか、クラス会なんてものには一度も参加したことがないし中学も高校も学校の集まりなんかは一度も顔を出していない。成人式も帰るつもりはないし、よく周りから地元へは帰らないの?と言われるけど、別に会いたい人などいないし仲のいい友達も県外へ行ってしまったし家族も地元には居ないし仲がいいわけでもない。だから私は今まで一度も九州へ帰ったことはない。

 

今月の末に初めて九州へ帰る。

変わらず仲良くしてくれた内の一人に会いにいく。私が相棒と呼んでいる唯一無二のあいつに。相棒とは連絡を取ってスケジュールも立てた。それから私が愛方と呼んでいる子にはサプライズで会う予定だ。

 

今回のオチとしては、どうして人に嫌われてしまうのかということと、私は割と何が起きても平気だと思うこと。

どうして妥協してしまうのか。

どうして負けてしまうのか。

どうして行動できないのか。

どうして言い出せないのか。

どうしてやりきれないのか。

 

最近は考えごとばかりで、悩みばかりで

夜、眠りにつく前にいつも明日のことを

考えては想像して決意して終わる。

 

どうしても叶えたいことが明確に

なってきた今、本当にいい加減に

やらなければいけないんじゃないの?

 

学院長に相談しようか、最近

そこばかり。

眩しくて目が眩む。

 

ずっと好きで変わらないものになることを願うし、彼の物語が、紡がれる言葉が、

全てが今の私の原動力になっている気がする。

 

将来の夢 なんて明確に決まってはいないのだけれど、叶えたい夢 を見つけることができた。

 

ふと、思ったことがあって。

私は今までに散々嫌なことや辛いことや

死にたくなることを経験したけれど、

"今"を考えるとただの過去にすぎなくて、

だからといってどうせ未来の自分にとっては

ただの過去になるから今我慢しろと言われれば

ふざけるなと言いたくなるけれど。

 

でも"今"の私はあのとき苦しんだことは

確かだけどその上に成り立っているんだって

思った。

だから"今"苦しんでもどうせいつかそんなことも

ただの過去になってしまうのかなって。

 

散々迷惑をかけたね。

人はいずれ死ぬんだし、"今" 全力で

生きるしかないのかな?

 

でも今の私には やりたいことがあって、

前に進むしかないことを教えてもらった。

 

f:id:meow_nyaa:20170304193545j:image

 

今日は撮影でした。

その後別の撮影のカメラマンさんとの顔合わせ

 

眠たい

新しい月になりました。

 

今月は、沢山予定が入っているので

とても充実した春休みになると思います。

 

課題も勿論あるけれど、忙しくして

生活しようと思います。

 

今、制作がとても楽しい。

着せる相手が想像できるから?着せる相手に

会えるから?楽しいことが待っているから?